2019/12/03

林百貨88週年モダンパレード

 1932年に台南にオープンした林百貨店。2014年に台湾名産品販売に特化したデパートとしてリニューアルオープンしました。台湾で最も小さいながら、台湾で最も活力のある百貨店として、地元の人からも観光客からも愛されています。
 毎年12月初頭の日曜日には誕生日を祝う大規模なパレードが開かれています。これは新時代の祭りといっていいもので、88周年となる今年も、ハンチング帽に洋装、チャイナドレス、着物、野球ユニフォーム、更に台湾原住民の晴れ着まで、様々に装った大勢の人々が、かつて台南銀座と呼ばれていた大通りをにこやかに練り歩きました。

 1932年開幕的林百貨,2014年作為專賣台灣製造的名產品重新開幕。是一間全台灣最小卻全台灣最有力量的百貨公司,不管在地人或觀光客都愛這裡。
每年12月初的週日都會舉辦慶祝林百貨生日的大遊行,這可以說是新時代的祭典。今年是88週年,戴著鴨舌帽穿著洋裝,或穿著旗袍、和服、球衣、還有原住民的傳統禮服等等各種各樣打扮的人們,笑嘻嘻地步行在曾稱做台南銀座的大馬路上。











2019/11/10

乃南アサ先生洞蕎麦にご来臨

 本日、直木賞作家の乃南アサ先生ご一行様が洞蕎麦にお立ち寄りくださいました。『美麗島紀行』『六月の雪』など、近年台湾(特に台南)を舞台にした作品を書いておられる乃南先生。集英社のウェブサイトでも「美麗島プリズム紀行」が公開されています。

  日本直木賞作家乃南亞沙(Nonami Asa)老師今天來洞蕎麥用餐,推理小說名手的乃南老師,這幾年寫了三本有關台灣的書,其中《美麗島紀行》也有中文版(聯經)。

2019/10/09

のせでんアートライン2019

 台湾原住民アミ族のアーティスト、ラヘズ・タリフ(Rahic Talif)さんが10/2から約一カ月間、関西地方の妙見山にこもって台風で倒れた樹木を使う大型のパブリックアートを制作します。能勢電鉄沿線で開催される「のせでんアートライン2019」(10/26-11/24)の一環です。期間中ぜひ「日本一の里山」といわれるこの地域の自然景観も楽しみがてら、観覧にいらしてください。

  阿美族藝術家拉黑子・達立夫(Rahic Talif)老師,10/2開始進駐在日本關西地方妙見山上,要花一個月的時間用被颱風倒下的樹木創作一件大型的木雕作品,「能勢電藝術節2019」(10/26-11/24)中會看到,歡迎在舉辦期間來關西參觀!


2019/09/21

フランコ・カッサーノ『南の思想』

 10年ほど前に恩師・米山優先生から薦められたフランコ・カッサーノ『南の思想 地中海的思考への誘い』(講談社選書メチエ)を読み返している。カッサーノは南イタリア・バーリの思想家。西洋の経済至上主義を「ホモ・クーレンス」(走り続ける人間)「走行の原理主義」という概念を使って批判しながら、イタリア北部と比べて「遅れている」と見なされている南部の、劣等として理解されている諸特徴の中から、人生と共同体を豊かにするヒントを引き出している。

「一般のイタリア人が抱く南イタリアのイメージは、一般の日本人が抱く東南アジアのイメージにきわめて近いように思われる。景色が美しい、歴史遺産が多い、食べ物がおいしい、人は親切で、生活はのんびりできる。しかし、にもかかわらず、街が汚い、人はあまり仕事しない、インチキが多い、治安が心配などというイメージだ。」(p.8)

 この本の中の「南イタリア」を「台南」に置き換えてみると、気味が悪いくらいに、台湾社会の現状を的確に言い表した分析になる。日本と台湾について考えるとき、イタリアを比較対象に取り入れると、より深い分析ができそうだ。

 ぼくが台南に感じる魅力の一つは「老・古・遅・小・弱」といった負にとらえられがちな要素がここでは肯定され、尊重されることにある。そしてカッサーノも「遅さ」の重要性を強調する。

「カッサーノが言う遅さとは、従来の南を特徴づける、従属や無関心が生んだ『鈍さ』ではない。反対に、現代の新資本主義がわれわれに強制しようとする『加速』への、現代的解毒剤である。…速く生きることによって、時間をかけてしか経験できない大切なものを失ってしまう。」(p.11)

最近開始重看Franco Cassano《 Il Pensiero Meridiano》(日文版書名:南方之思想),作者是住在義大利南部小鎮Bali的思想家。他一邊用「一直奔跑的人類」「奔走之原理主義」等概念而批判西洋文明的經濟至上主義,一邊從義大利南部所擁有的各種特性(一般來說,這些特性是被認為「落後」的)裡,找出會讓個人的生命及人間社會更充裕的智慧。

引用:“大多數義大利人對義大利南部的印象,好像類似一般日本人對東南亞洲的印象。則是景色很美、歷史遺產很多、食物好吃、人們很親切、生活很悠閒。另一方面街道不乾淨、人們不勤勞、詐騙很多、治安令人擔心等等。”

如果將在這本書裡寫的「南部」換成「台南」的話,作者的分析就可以看成指出台灣社會正在面臨的問題。可能我以後思考台灣或日本社會的某些問題時,以義大利社會為參考的話,分析得能更深入。
我喜歡台南的理由之一在於台南人的價值觀,他們會將「老的、舊的、慢的、小的、弱的」等等通常在外面被否定的特性,卻非常的肯定也會尊重。然後Cassano也在這本裡強調「慢」的重要性。

引用:“Cassano所說的「慢」並不是從服從所產生的「遲鈍性」。相反地,它是一種對現代新資本主義要強迫我們的「加速」的解毒劑。…我們因快速地度過生命,會失去只有花費時間才會經驗到的重要事。”


2019/09/17

テレビ番組「台南向前行」に出演

台南の色々な人物をゲストに招くテレビ番組「台南向前行-落地生根 日本蕎麥麵職人的慢活台南」に出演しました。台南での生活、今までしてきた仕事、台南の魅力などを話しています。

Youtube:https://youtu.be/U-jssJU94sk

2019/08/27

台南観光PRイベント「紅椅頭」、9月上旬東京で開催

2015年から毎年大阪で開催されてきた台南観光PRイベント「紅椅頭(アンイータウ)」、今年は満を持して東京に上陸です。
私も例年通り翻訳を全面的にお手伝いさせていただきました。
今年の注目ポイントは、会場の一つがなんと昔ながらの銭湯!
9月上旬の開催。関東近辺の皆様、ぜひお出かけください。

*#*#*#*#*#*#*#*#

【疲れを癒す週末台南旅】

四年連続で大阪で開催されている台南市主催のイベント「アンイータウ」、ついに東京上陸!
丸の内「GOOD DESIGN Marunouchi」と杉並の銭湯「天狗湯」で、食べておかずには帰れない台南グルメ、買わなきゃ損なお土産など、のびのびした台南に癒されるヒントを紹介します。台南を愛する皆様、ぜひお出かけください!

_______
✹ 観光展示会✹
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
会期|2019/9/2(月) 〜9/16(月)
時間|11:00〜20:00 ( 観覧無料 )
会場|GOOD DESIGN Marunouchi
住所|東京都千代田区丸の内3-4-1・新国際ビル1F
____________
✦特別企画:台南風銭湯✦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
会期|2019/9/2(月)〜9/8(日)、金曜休
時間|15:45 - 23:45
会場|天狗湯
住所|東京都杉並区西荻南1-21-4

詳しくはこちら➟https://www.facebook.com/events/877798149259129/

2019/07/30

『自由時報』に出版記念イベントの模様が掲載

(『自由時報』台南版 2019年7月30日)

 《遊步台南》(皇冠)の出版記念トークイベント、盛況の内に幕を閉じました。ご協力いただいた皇冠出版と林百貨の方々、当日早朝に東京から台風を飛び越えて来てくださった野嶋剛さん、前で話をしてくれた陳世憲さんと蔡宗昇さん、お忙しい中足を運んでくださった友人の皆様、偶然通りかかって真面目に聞いてくれた皆様に、心より感謝申し上げます。
 「老い、古さ、遅さ、小ささ、弱さ。大都市では淘汰されていくこれらの性質が、台南ではかえって尊重されている。それが台南が旅人を引きつける理由の核心だと思う。そんな台南の昔ながらの考え方、ものの見方を、これからも探究していきたい。」というようなことをお話させていただきました。

  《遊步台南》(皇冠)分享對談會非常盛況,感謝皇冠出版和林百貨無私的幫忙,也感謝當天早上從東京飛越颱風來跟我對談的作家野島剛老師,上台講話的陳世憲老師和蔡宗昇廳長,以及抽空來出席的各位貴賓,朋友們,路過而認真聽的大家!
  「台南是一個充滿愛與智慧的城市。因為這個地方會肯定及尊重老的、舊的、小的、慢的、弱的,等等在都市發展的過程中會被淘汰的性質。我想這是台南為何吸引外地人的最大原因。以後也會繼續探究這個老百姓的生活哲學。」